All archives    Admin

09月≪ 2008年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.31 (Fri)

抜けない衣紋を抜く

読者の方から
「貫き襟がうまくいきません。
着ているとだんだん前に詰まってきたり・・・。 思案中です」
というコメントを頂きました。

実は私も長い間
衣紋が抜けなくてずっと悩んでいたので
この方の「思案中」の気持ちがすごくわかります。

この機会に
素人の浅知恵と、ご容赦いただいて
その時期に私が気づいたことを記事にさせてもらいますね。




衣紋問題にぶち当たっていた時に
よく聞いた解決法は
●力布の紐通しを一番目に上げる
●うしろから襦袢をひっぱる
(ひっぱりすぎてベテラン先輩から「窮屈そう」「首がつまっている」
と言われたケド)
でした。

そのほかにもないかと、いろいろ試してみて
やっとわかった答えは
「襦袢を深く着る」ことでした。
こんなことは、自然に分っている方が多いでしょうが
気が付かない者はとことん、気が付かないもので・・・。
逆に、自然に身についている人には
コレが正解だとわからないかも(笑)


そういうことで、私の衣紋問題はめでたく解決しました。
08-10-31_00-18.jpg
今の襦袢の着方です
深く着ているので、衣紋もきれいに抜けてくずれません。

08-10-29_13-56.jpg
以前の私の合わせ方です。
合わせ方が浅くて、
襦袢が上に逃げていきました。

私の考えでは
なるべく深く両身頃を合わせると
着た時の「三角形パワー」が長時間保たれるように思います。



08-10-29_14-56.jpg
名づけて三角形パワー(笑)

アンダーバストの位置で
右左(この写真は身八つ口の下前はピンチで示しています)に
胴いっぱいに三角形を作るようにしっかり襦袢を引っ張ります。
(ですが、紐からの上半身はゆったりと着ます)
それから右手で右アンダーバスト上の襟元をしっかり押さえながら
紐を結びます



このやり方に変えて
紐から上の部分がゆったりとしました。
ひっぱりすぎて、いつも肩がきつかったのが
ウソのようです。

もし同じようなことを感じるかたはお試しくださいね


 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


スポンサーサイト
00:35  |  着付のお勉強How to wear KIMONO  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.21 (Tue)

美しいおはしょりの作り方(もこもこ三角解決編)

以前の記事で
自分の着付の欠点・「上前のおはしょりのだぶつき」が美しくなったことをご紹介しました。
記事はこちら

上前は確かにキレイになりましたが
時々、右脇の下前がもこもこするのが気になっていました。
(名づけて「もこもこ三角」)

なにを正せばいいのか、よくわからないままに
紐の高低差がポイントだとにらんで
いろいろ試したんだけど未解決のまま。


お稽古でも
着せ付けるレッスンが始まりました。
この問題を解決するべく、ヤルキまんまんだった私。
お稽古では
まず先生が最初に手本を見せてくださり
自分でも同じボディ、同じ着物でやってみました。

もちろん、おばーちゃま先生の美しいお手本と自分の「もこもこ三角」
は激しく違う!

なんでこれぐらい違うんだろ??

と、すかさず訴えると
忙しい中にも
先生も「あらーほんま。ナンカおかしいわ」と一緒に
悪いところを探してくださって
問題点を見つけ出してくださいました

感謝感謝!



問題点はすごくシンプルでした!
「上前をかぶせすぎている」
だそうな。
小さい面積のなかで上前が広くなり
代わり下前のスペースが小さくなるのでシワになる、というワケ。

こんな意外なところに落とし穴があるだなんて(驚)

08-10-21_14-30.jpg
合格合格(笑)


08-10-21_11-30.jpg
このつま先の位置を覚えとかないとね。


ということで、私の悪いクセがまたひとつ改善しました。
他にもあるんだけど(汗水)
ひとつひとつつぶしていかないとね。



 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


14:43  |  着付のお勉強How to wear KIMONO  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.17 (Fri)

剣士が指南する「袴の着け方・たたみ方」

以前から、男子にキモノ・袴をきせてあげたかった私
「着付練習用の男物袴」を持っています。

ですが
これを古着市で買ったときに
店員さんからたたみ方を教わりましたが
3歩あるいて、すっかり忘れました・・・




それ以来、放置されていた「マイはかま」でしたが
このたびめでたくも
このYouTubeが解決してくれました!

指南してくださるのは
「腕に覚えアリ」と思しき見目麗しい剣士。
(ホテル住まいか??)


08-10-17_14-02.jpg
私の袴もキレイにたためました!


「袴の着方」もこの男前師匠についていくわよー(笑)


 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


16:45  |  男性着付How to dress KIMONO for men  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.14 (Tue)

体型別の補正(なで肩・いかり肩の補正具の作り方)

お教室で、体型別の補正のやりかたを学びました。


「着物は平らな布地を巻きつけるからして
寸胴のほうが、きれいに巻けます」とのこと。

ふむふむ、なっとく。

体型別の説明

①ウエストが細すぎる人
ウエストベルトを厚くする

②胸の大きすぎる人
和装ブラなどでとにかく胸をつぶす

③背中がくぼんでいる人
肌襦袢にハンドタオル、ガーゼハンカチを縫いとめる

④前肩の下がくぼんでいる人
小さいタオルを当てる

⑤おなかのでている人
すそよけをきっちりと巻く

⑥ヒップの下がっている人
ヒップパットを厚めに作る

⑦いかり肩・なで肩の人
高低をつけたたたんだタオルを肩に置く


さて
わが最愛ボディちゃんは、なんと生まれながらの「なで肩体型」です!

08-10-14_14-37.jpg
いつも衿の横に「縦じわ」をこさえているボディちゃんです


いつも自分の体型に悩むボディちゃんのために
さっそく、なで肩用の補正タオルを作ってあげました。

08-10-14_15-19.jpg
はい、これね。
高低差をつけて、細長く縫ったタオルです。
なで肩なので、肩に厚い方を置きます。




08-10-14_15-20.jpg
胸元の補正になり、衿もとの「浮き」も防げそう。

さてさてこの結果は
08-10-14_15-35.jpg
おお!シワが消えました。胸元もふっくら!

よかったね、ボディちゃん。

08-10-14_15-48.jpg
なに?なに?
ボディちゃんが言ってるよ。
「美しいキモノ」掲載ボディに負けないわよん!!って?

うそ~(笑)


 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


16:35  |  着付のお勉強How to wear KIMONO  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.12 (Sun)

長尺半幅帯・のしめ結びの結び方

私のPCの問題はたぶん、解決したようです(?)
文字が打てない間
よそ様のPCをお借りしてマイキーボードの実験していたら
家に持って帰ると打てるようになりました(笑)→コードがしっかり入っていなかったって??


ところで
私は簡単に前で結べる半幅帯のファンです。
特に
半幅帯に見えないような豪華な結び方があるので
長尺の半幅帯がお気に入り。

じゃ、長尺は何センチなの?といわれると
帯の長さは規格がなさそうでありそうで
よくわからない!!
長尺は420センチぐらい、半幅帯は350センチぐらい・・・
でしょうか??(誰かオシエテー)


それでは今回も、長尺の「のしめ結び」です。
最近は呉服屋さんHPなどで探すと、たくさんのアイデア結びが出てくるから
ほんとにありがたい時代ですね。

●長尺半幅帯
●手先結び
●手先の長さ・リボン結びよりも少し長め

08-10-07_16-38.jpg
08-10-07_16-55.jpg
リボン結びをしたあと、手先を上に出し、手先10センチぐらいの位置でヒダを作りゴムで留める。
タレ先も同じようにゴムで留める。
08-10-07_16-58.jpg
両方ともの手先を羽根の下からくぐらす。
タレ先は結び目の近いところで羽根があるように折りながら
あまりは全部羽根の下に入れ込む。手先もあまりを羽根の下に入れて土台を作る。
08-10-07_17-02.jpg
測らなくていいので、見かけよりも簡単でした!!


 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


18:15  |  半幅帯の結び方 How to tie casual obi  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.08 (Wed)

菖蒲の結び方

いまだに私のPCでは字が書けないんですが
この記事は2台のPCを使って更新しています(根性!!)


さて、今回はユニクロのHPに載っていたかわいい半幅帯の結びかた
「菖蒲」を結んでみました。
●半幅帯
●たれ先から150センチを測り羽根を作る。手先はリボン結びと同じ長さ
●手先結び

08-10-08_12-15.jpg
折り紙みたいでしょ?



HPでは、背中でたれ先の羽根を作っていたので
わかりやすくなるように平らな床の上でやってみました。
08-10-08_12-00.jpg
赤いクリップ(たれ先から150センチ)から20センチを折りあげる

08-10-08_12-00~00

写真のように全部を半分の位置でまとめる

08-10-08_12-01.jpg
ひだを作って右からゴムを通して全部を止める



08-10-08_12-12.jpg
羽根ができたらリボン結びの要領で
手先から体に巻きつける

08-10-08_12-13.jpg
手先も折って裏表を見せるとおしゃれね。

08-10-08_12-15.jpg
じゃじゃーん。羽根の上の部分の角を折って完成です

こういう結び方をみると、折り紙と帯結びの原点は同じだとわかりますねー

 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


21:54  |  半幅帯の結び方 How to tie casual obi  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.05 (Sun)

二段文庫の結び方

今、わたしのPCが不調です。
修理にだしてしまうと、PCとの楽しい同居生活が崩壊必至。 あ~~あ^_^;
仲良くしてくださっている方々のブログも読み逃げしても許してね・・・


ところで、下の記事はPCが元気だったときに書いたもの。
次の更新はいつになるかわかりませんが、その時にはよろしくお願いします



●長尺の半巾帯
●手先結び
●リボン結びの倍ぐらい
(使う帯/手先結び・タレ先結びの区別/最初の手先の長さ)


08-10-01_13-37.jpg



08-10-01_13-43.jpg
下段の長めの羽根を作る。
この時、手先は背中側に落とし外巻きに結ぶ



08-10-01_13-45.jpg
右肩の羽は作らず、手先の結び目から上段の羽根を作り出す


08-10-01_13-47.jpg
上段の手先は巻かずに結んで、端を落とす。
羽根底のあまりを帯上に入れ込んできれいにする

08-10-01_13-53.jpg
二段文庫の出来上がり。

私のひねた背中には似合わないけど、目の前のかわいいお嬢さん!
ためしてみませんか?(笑)



 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


22:20  |  半幅帯の結び方 How to tie casual obi  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.04 (Sat)

結びたがり

いつまでもかわいいものから卒業できない私ですから
アンティークや若向けの普段着ばかりがお気に入り。
着せてあげるにも同年代友達よりも子供世代のほうが楽しい!
(留袖用の変り結びなどは興味が薄くて習っても全然覚えれないわー^_^;)



そんな偏った趣味の
私の帯結びの練習風景を記事にしていきたいと思います。
こうやって、記事にすることで防備録になり(ボケ防止ね)練習にもなる。
ご近所さんから、着付を頼まれた時にも
「こんな帯結びがあるんだけど、これ、どう?」とすぐさま写真を出せるのもメリットだな。
(そんなことをやりだしたら、忘れないように練習せざるをえないなー・笑)




このブログが続くにつれ、レパートリーが増えて上達できることを願って
更新していきます。

 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


20:51  |  ブログ Blog  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.03 (Fri)

袋帯 ふくら雀の結び方

08-10-01_16-10.jpg

お稽古では
変り結びが入り、急に難しくなりましたが
私は自分で着るよりも
着付を習得したい人なので、すごくすごく
気分は盛り上がっています。


さて今回は有名な「ふくら雀」の結び方。
振袖の袋帯の結び方の話になると
「ふくら雀とか・・・ふくら雀なのよ!」
と、一番目に挙げる名前。


ふくら雀
●袋帯
●タレ先結び
●柄止まりは背中心
(上から、帯の種類/タレ先・手先結びの違い/最初の手先の長さです)

08-10-01_15-46.jpg
表側の帯に小さい帯板をしこんだところ

前も後ろに板を入れるだなんて、がんじがらめか??(笑)




08-09-25_23-20.jpg
小さい枕はストッパーの役目、
手先を右肩の高さに半折りにして3つ折の扇を折る


08-09-25_23-21_20081001162214.jpg
同様にタレ先も左肩の高さに折り3つ折の扇を作って、背中で交差させる

08-09-25_23-18.jpg
枕を交差したところに置き
残りのタレは落としっぱなしにする。


08-09-25_23-14.jpg
タレは遊びを十分にとり
箱ヒダを折り、二重のひもを掛ける

ここで、全体がいがんでいるところが一目瞭然ねー(汗)

08-09-25_23-16.jpg
ひもの掛け方は「ひばり結び(とっくり結び)」にして、左脇で結ぶ
写真はひもの中心の輪に、片方の端を掛けたところ


08-09-25_23-10.jpg
タレを開いたところ


08-10-01_16-10_20081001163322.jpg
中身を整理して、帯締めを結んでタレを作り出来上がり。

あっ!!帯揚げを入れるのを忘れた~~~!



ややこしい帯結びが出てくるたびに
このような自分用の実技ノート(忘備録?)をこれからも作るつもりですが
続けるのは結構大変ですなー(汗)

 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


00:51  |  袋帯の結び方 How to tie formal Obi  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。