All archives    Admin

12月≪ 2010年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.31 (Sun)

Gさんの新年会着付

一生懸命準備していた、私の団体の新年会が行われました。
その中で、今年も民族衣装のステージを企画し
私の振袖着付も参加しました。
・・・振袖着付を出したいがために、民族衣装紹介をやったと言うべきか(笑)

ということで
振袖モデルは中国系フランス人のGさんです。
IMG_18021.jpg
今年も美容師Mさんの協力を頂き、かわいい振袖姿のGさんができあがりました。


IMG_18001.jpg
IMG_18011.jpg
IMG_18041_20100216145138.jpg

黒地に桜うさぎの振袖がよく似合われているGさんですが
男の子2人の若いママなんですよ。
「パーティ中、子どもたちがママきれい!とずっと言い続けていたんですよ、いい記念になりました」
と言われて私も本当にうれしく思います!!



こんなに喜ばれるのですから
もっと多くの外国人に着物を着せて差し上げたい。
今年は、この活動を広げたいと思うのでした。
スポンサーサイト
23:24  |  アルバム Album  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.30 (Sat)

Yさんの新年会着付

この日、私のリピーターになってくださっているYさんの着付をさせていただきました。

山田さん
V6012613.jpg
帯結びは「きんちゃく」
V6012616.jpg
私の悪いクセで
前後は良いものの、左右の裾が短いことに気が付かないことが多いのです。
そういった反省点はあるものの
このパーティにYさんの和服姿で華を添えた、と喜ばれたようです。

私もこのパーティに和服でおじゃまさせていただき
この日はいい経験をさせてもらい、その上いい出会いにも恵まれて
ほんとうに良い一日でした!!
Yさんご夫妻に感謝いたします。
17:03  |  アルバム Album  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.29 (Fri)

変わり結びの練習(新年会の準備)

1月末は二つの新年会の着付の予定が入って大忙しでした。
ひとつは私もパーティに参加させていただき
それからもう一つは準備係兼「かくし芸」として半帯の結び方の出演者にもなる、という
ハードスケジュールなのでした(笑)

その合間を縫って練習も。
大変だったけれどもこういった充実感は本当に楽しいものでした!
10-01-14_14-51.jpg
10-01-14_13-05~00
10-01-15_22-09.jpg
私の団体の新年会に出す振袖モデルの練習
帯結びは新年会にちなみ「吉祥」。

10-01-29_22-18.jpg
私のリピーターさんが司会を務められる新年会用の帯結び「きんちゃく」。
↓ぽちっとご声援お願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


22:41  |  ブログ Blog  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.19 (Tue)

男物の着せ方(新年会の準備)

おととし12月のパーティに続き
この1月末の新年会もおなじように、振袖姿の女性、羽織袴の男性を出すことになりました。
まず不安な男物から復習。
この一年間、男着付の練習する機会はまったくなかったのですが
参考書を見つけておきました。

10-02-11_16-10.jpg
七緒2009夏号「夏着物Q&A・友達、彼、子供にもゆかたを着付けてあげたい」

10-02-11_16-09.jpg
おしゃれ工房2009年12月「お正月に夫婦できもの」
この二誌で新しく取り入れたところは下の写真です。


下前上前の順番に合わせ、それぞれの衿先が腰骨の位置にくるようにする。
10-0<br />1-23_11-20_20100211151601.jpg
腰紐の回し方はうしろ上がり

10-01-23_11-21_20100211151601.jpg
下前のたるみは、下前の衿のところに手を添えて右腰の辺をひっぱってたるみをとります。


10-01-23_11-21~01
上前の全体のたるみも右腰紐の下にひっぱります。余りは腰紐の中にはさんでもよい。

10-01-23_11-21~00
左脇のほうにもひっぱります。


10-01-23_11-22.jpg
背中には逆にゆるみを作ります。ぴちぴちに着付けると女物のようにえもんが抜けてしまいます。
写真は、下から上に上げてゆるみを作るところです。

10-01-23_11-24.jpg
長着の着付が完成しました。



帯の結び方は一文字。
袴の着付はこちら
10-01-22_16-42_20100211151601.jpg
裾の始末は「大入り」


10-01-22_16-39_20100211151602.jpg
前回と同じ羽織袴男の完成、とおもいきや


10-01-22_17-02_20100211151601.jpg
袴のうしろ板のところが外れてますな
こりゃいかん!

時間もないことで結局、今回は羽織袴男を出すことは見送ることになりました。とほほ。
↓ぽちっとご声援お願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


15:33  |  男性着付How to dress KIMONO for men  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.17 (Sun)

新年会のスナップ写真

1月はいそがしく過していましたが、やっとこのブログに舞い戻ることができました。
皆様、今後ともよろしくお願いします。

1月といえば
さすがにあちこちで、成人式新年会の催しが行われる季節。
私にとっては一番楽しい時期で
振袖姿の方々を見るにつけ、プロの着付士のお仕事に大興奮!
10-01-17_14-35_20100211151602.jpg
そのたびに「背中を写真とらせて~~」とたくさんのスナップ写真を撮らせてもらいました。


研究成果の発表はのちほど・・(笑)


↓ぽちっとご声援お願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


15:08  |  ブログ Blog  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.07 (Thu)

振袖の着せ方②(おはしょりの始末)

では、おはしょりの始末です。これでもこもこおはしょりから開放されます
09-12-06_17-58_20100101172940.jpg
胸ひもを結びました

10-01-01_16-15_20100101173938.jpg
一旦、左右ともに脇縫い線を前にひっぱり、後ろのシワを脇に集めてしまいます
こちらは右脇
10-01-01_16-15~00
こちらは左脇です。

次に、反対に後ろにひっぱり返します。
(写真は後ろからに回りました。)
10-01-01_16-18~00
右脇 脇線に全部のシワを集めてから、しっかり折りましょう
10-01-01_16-18.jpg
左脇

10-01-01_16-19.jpg
こうなったら後ろのおはしょりの長さを調節します

10-01-01_16-23.jpg
普通の長さよりも短めにおはしょり線を決めて、胸ひもの間に挟みます


10-01-01_16-23~00
さて、もこもこ三角エリアの始末です。
こうなっていますね。

10-01-01_16-23~01
下前のだぶつきをもう一度前方向にひっぱります。

10-01-01_16-25.jpg
上前ポケットよりも短めにしたいので上部を胸ひもに挟んでしまいましょう

10-01-01_16-26.jpg
コンパクトになりましたね。

10-01-01_16-29.jpg
次に下前の衿をピンと張らせます。
右手をおはしょりのなかに入れて、下前と伊達衿をひっぱります。
その間、左手は下前の衿をナデナデ~とシワをとります。

10-01-01_16-29~00
下前がきれいになったら
おはしょりの中に入れている右手で
おはしょりの長さを中から調節します。


10-01-01_16-30.jpg
ちょうどいいところで右手を出して、両手で前おはしょり線をぴんと張らせて
伊達帯を巻きます。

10-01-01_16-33.jpg
伊達帯を巻き終えたところ。
もこもこも無く、逆に三角コーナーの後ろ身頃は短すぎるはず。
少しづつ引っ張り下ろしたら完了です。

10-01-01_16-35.jpg
できました。


最後に
もう一度手アイロンで右左にシワを集め、
帯を結んだ後で、帯の中にもあまりを入れ込んだら
完成です。

↓ぽちっとご声援お願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


15:01  |  着付のお勉強How to wear KIMONO  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.02 (Sat)

振袖の着せ方①

09-12-29_17-14.jpg
タオルで補正してから長襦袢を着ますが
前の記事があるので、今回ははしょりますね。長襦袢の着方はこちら


さて、長襦袢を着ました。
09-12-06_17-42.jpg
09-12-06_17-42~00

今回は、最初に伊達衿をセットしてみます。
09-12-06_17-27.jpg

振袖を3つのクリップで留めます。
09-12-31_17-24.jpg

襦袢と着物の振りをそろえます
09-12-31_17-31.jpg

みみたぶの下から伊達衿を出します
09-12-31_17-33.jpg


衿がたるまないように引きながら共衿のところで3分の1折ります。
09-12-31_17-32.jpg

両方の共衿の少し下と背中心を横から持ち、床すれすれに決めます。
背中心から着物を引っ張り、位置を変えないように共衿2枚を両手で開きます。

仮に前身頃をかぶせて、いったん開き
後ろ身頃を引き上げながら巻きます。
つま先を上げ気味にして前身ごろをかぶせます

10-01-01_15-48.jpg
腰骨の指一本上にひもをかけます。この場合はねじり結びにしています。

09-12-06_17-55~00

09-12-06_17-55.jpg
余りを落としておはしょりをつくります。

10-01-01_16-08.jpg
おはしょりが二重にならないように、下前を折りあげておきます

10-01-01_16-10_20100101172940.jpg
上前を両手でピンと張り、上半身・下半身のおくみ線をできるだけ合わせておきます


09-12-06_17-58.jpg
胸ひもの結び目は二重に巻きます。結び目の面積が広くなるので、着たときにくるしくなりません。


長くなるので、このへんで切ります。
後半はキレイなおはしょりの作り方です。

↓ぽちっとご声援お願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


17:55  |  着付のお勉強How to wear KIMONO  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.01 (Fri)

新春の訪問着と振袖

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
私のこのつたないブログを見てくださる方々に
日々感謝しております。

皆様にとって
今年がよい一年であるようにお祈りいたします。


さて、あと一週間後になりますが
若いお嬢さんとヤングママに着付をさせていただくことになっています。
コーディネートは下の写真のようにする予定です。
場所は、初めての試みでご近所の神社の部屋を借りることにしました。

09-12-18_11-16~01
09-12-18_11-16~00
09-12-18_11-16_20100101124950.jpg
09-12-17_12-48.jpg
09-12-17_10-49.jpg
09-12-17_10-42.jpg
きもの美人ができあがったら神社の職員の方々に拍手かっさいしてもらおう!!

↓ぽちっとご声援お願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


13:04  |  きものは回るKimonos could go around ...  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。