All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'10.24 (Sat)

襲(かさね)の色目

09-10-18_16-01.jpg
最近、「和風カラーコーディネート」を学べる大学講座に通っています。
春にこの講座の申込のクジがあたって以来
今年一番の楽しみだったんですよ。


私のお目当ては「襲(かさね)の色目」。詳しくはこちら
襲の色目とは、日本独特のカラーコーディネートで、配色の組み合わせに「桜」「桜萌黄」など、季節それぞれにちなむ名前がつけられている。これを見られる代表的なものは十二単衣です。


m_genji1.jpg
写真は映画「千年の恋・ひかる源氏物語」
この映画ではあでやかな十二単衣が目白押しでしたね。

吉永小百合演じる「紫の上」の十二単衣に注目すると
源氏物語の原文には紫の上の美しさは「樺桜」と例えられていて、
多くの映画・絵画にもこの「樺桜」をアレンジした十二単衣をまとった紫の上が登場しています。


ちなみに、「樺桜」のかさねの色目はこちら。
haru_30.png





今回の講座で
「襲の色目」、和の配色は日本の国土と気候に見られる自然の配色だと教わりました。
だからこそ、「お派手コーデの着物」を見て目がちかちかすることもなく
心に心地よいのですね。



自分のコーデで着付する機会を夢見て、こんな勉強もしていきたいと思います。

↓ぽちっとご声援お願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


スポンサーサイト
16:29  |  ブログ Blog  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。