All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.31 (Fri)

抜けない衣紋を抜く

読者の方から
「貫き襟がうまくいきません。
着ているとだんだん前に詰まってきたり・・・。 思案中です」
というコメントを頂きました。

実は私も長い間
衣紋が抜けなくてずっと悩んでいたので
この方の「思案中」の気持ちがすごくわかります。

この機会に
素人の浅知恵と、ご容赦いただいて
その時期に私が気づいたことを記事にさせてもらいますね。




衣紋問題にぶち当たっていた時に
よく聞いた解決法は
●力布の紐通しを一番目に上げる
●うしろから襦袢をひっぱる
(ひっぱりすぎてベテラン先輩から「窮屈そう」「首がつまっている」
と言われたケド)
でした。

そのほかにもないかと、いろいろ試してみて
やっとわかった答えは
「襦袢を深く着る」ことでした。
こんなことは、自然に分っている方が多いでしょうが
気が付かない者はとことん、気が付かないもので・・・。
逆に、自然に身についている人には
コレが正解だとわからないかも(笑)


そういうことで、私の衣紋問題はめでたく解決しました。
08-10-31_00-18.jpg
今の襦袢の着方です
深く着ているので、衣紋もきれいに抜けてくずれません。

08-10-29_13-56.jpg
以前の私の合わせ方です。
合わせ方が浅くて、
襦袢が上に逃げていきました。

私の考えでは
なるべく深く両身頃を合わせると
着た時の「三角形パワー」が長時間保たれるように思います。



08-10-29_14-56.jpg
名づけて三角形パワー(笑)

アンダーバストの位置で
右左(この写真は身八つ口の下前はピンチで示しています)に
胴いっぱいに三角形を作るようにしっかり襦袢を引っ張ります。
(ですが、紐からの上半身はゆったりと着ます)
それから右手で右アンダーバスト上の襟元をしっかり押さえながら
紐を結びます



このやり方に変えて
紐から上の部分がゆったりとしました。
ひっぱりすぎて、いつも肩がきつかったのが
ウソのようです。

もし同じようなことを感じるかたはお試しくださいね


 

↓ぽちっとご声援お願いいたします↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


スポンサーサイト
00:35  |  着付のお勉強How to wear KIMONO  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

WA★DANCEさん、ありがとうございます。
早速試してみます。
昨日も着物を着ましたが、やはり行きと帰りとでは貫が違っていました。
うまくできたら、また報告させて下さいね。
kaoru | 2008年10月31日(金) 09:45 | URL | コメント編集

初コメです!シンガポールで着付けの仕事をしている主婦です。確かに衣紋貫けてないと、着物姿の印象ってだいぶ違ってきますのんね、気になるところです。私もたまに、浅くなっているのを鏡で見たりするとあせります;
襦袢の段階できちんと貫いてないとダメですよね、年代によって、年配になってゆくと、襟あわせって浅くなっていくし、お肉も痩せておちていくので、胸元の補正も大事かもしれません。補正がきちんとできていればピタッとくっついてきますよ♪
またお邪魔させて下さい。
なっつん | 2008年10月31日(金) 10:28 | URL | コメント編集

あぁ、なるほど・・・。私の着付けは衿元を鋭角にするので貫いた衣紋が時短の経過とともに戻っちゃうのですね。しかし、衿を鈍角に合わせるのって苦手なんです(涙) 頑張って練習して綺麗に衣紋が抜けるようになりたいです。
つる | 2008年10月31日(金) 15:04 | URL | コメント編集

kaoruさん

やってみて感想があればお聞かせください!報告をお待ちしています
WA★DANCE | 2008年10月31日(金) 23:34 | URL | コメント編集

なっつんさん

そうですねー。最初は抜けていたのが、だんだん立っていくのがすごく悲しくなります。せっかく着物を着ていても、逆に見られたくないと思ったり。
今は自分の着付では自己満足しているのですが
やはり年代・体型により襟元も考えないといけませんよね。
襟元がピタッとつく。なんて良い響き!(笑)
こちらも次の課題にします。
コメントありがとうございます。また遊びにきてくださいね
WA★DANCE | 2008年10月31日(金) 23:57 | URL | コメント編集

つるさん

私はどっちかというと、鈍角のほうが好きなので都合がいいんですが襟元の角度は年齢・好みにより鋭角に着る人も多いですものね。
私も襟元の角度を自由に操りながら(笑)襦袢は深く着れるようになりたいと思ってるんです。
WA★DANCE | 2008年11月01日(土) 00:03 | URL | コメント編集

検索してここにたどり着きました。
私も衣紋が抜けなくて悩んでいましたが、
この方法で試したら1発でした。
本当にありがとうございました。
あなたは天才です。神様です。
ありがたや~
やんも | 2009年11月23日(月) 20:23 | URL | コメント編集

やんもさん

お役にたってよかったよかったです(^o^)/
WA★DANCE | 2009年11月24日(火) 23:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。