All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'12.28 (Mon)

タオルで補正&肌襦袢のつけかた

お正月が迫ってきました。
復習を兼ねて、最近している補正の写真をアップします。
以前はウエストパット・ヒップパットを作っていましたが
今はタオルだけでできています^o^/


標準体型の方用の補正で必要なもの:薄いタオル5枚・モスリンのひも1本

①ウエストの補正です。
09-12-19_11-24.jpg

薄いタオル2枚をウエストの半分の長さ分を重ねて長いベルトを作ります。
09-12-19_11-23.jpg

二重にしている部分を前にして巻きます。
09-12-19_11-26.jpg

落ちないように、タオルの端を上線に折りこみます(最後にこの折り目は元通りにしておきます)
09-12-19_11-27.jpg


②ヒップパット。
巻いたタオルにモスリンのひもを通します。
この時、ひもは二重にして先端の一つはワにしておきます。
09-12-19_11-29.jpg

ワにひもの一端を通して
09-12-19_11-31.jpg

締めながら、ひもの端と端を結びます。
09-12-19_11-31~00

後ろから見て
タオルの下線がおしりのくぼみを埋めるようにかぶせましょう。
09-12-19_11-33.jpg


③胸あたり
胸をふっくらさせて、鎖骨の浮きを押さえるために
タオルブラを作ります

09-12-19_11-44.jpg
09-12-19_11-45.jpg
09-12-29_17-14.jpg

④肩
いかり型、なで肩の方は
このタオルブラの下に、もう一本タオルを入れます。
09-12-19_11-35.jpg
折り方は写真のとおり段差をつけます。
肩が下がっているほうに厚いほう、上がっているほうに薄いほうを乗せます。
09-12-19_11-36.jpg
方向を揃えるように、前で裏向きに折ります

09-12-19_11-36~00
この場合、「いかり肩」の補正です。


09-12-19_11-38.jpg
タオルについては
両端にパイル生地がないほうが、すべりにくく扱い易いです。


★追記★
肌襦袢をつけた時の写真をアップするつもりだったのが忘れていましたねー。
とりあえず付け足ししますね。

09-12-06_16-56~00
裾よけは、着物と同じように
右前をまずかぶせてから開き、左前を上に巻きます。
左前の先は右太ももが隠れるぐらいにします

09-12-06_16-56_20091231163049.jpg
ひもをうしろにかけて、前でからげます。


09-12-06_16-59_20091231163049.jpg
09-12-06_16-59~00
肌襦袢は
衣紋に響かないようにV字状に着ます。






↓ぽちっとご声援お願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました


スポンサーサイト
17:20  |  着付のお勉強How to wear KIMONO  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

質問

ありがとうございます。
着付けで補正の大切さはわかっているのですが、なかなかうまくいきません。今度、やってみます。
あと、ヒップパットは、タオルを半分に折って使えばいいですか?
お正月は着物ですか?
失礼します。
miyakoasure | 2009年12月29日(火) 19:18 | URL | コメント編集

miyakowasureさん

この写真はタオルを巻いて、その穴にひもを通しています。そうするとあとでタオルの長さを調整できますので。
WA★DANCE | 2009年12月30日(水) 23:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。